新居浜市及び県下各市の特別職退職金一覧

平成15年12月市議会で減額改正された規定による
新居浜市の特別職の退職金試算
役職 算式 給与月額 退職手当額
1ヶ月
退職手当額
1年(12ヶ月)
退職手当額
1期(48ヶ月)
市長 給与月額×35/100×在職月数 997,000 348,950 4,187,400 16,749,600
助役 給与月額×25/100×在職月数 813,000 203,250 2,439,000 9,756,000
収入役 給与月額×19/100×在職月数 718,000 136,420 1,637,040 6,548,160
教育長 給与月額×13/100×在職月数 685,000 89,050 1,068,600 4,274,400
監査委員 給与月額×10/100×在職月数 461,000 46,100 553,200 2,212,800
※従来の規定と比較すると25%減額されています。
愛媛県下各市の特別職の退職手当基準表
市長 助役 収入役 教育長 監査委員 決定方法 備考(市長の計算式)
【新規定】
新居浜市
4.20 3.00 2.28 1.56 1.20 条例で規定
【旧規定】
新居浜市
5.50 4.00 3.00 2.00 1.50 その都度決議
伊予三島市 5.52 3.24 2.88 2.40 1.80 条例で規定 給与月額×5.52×在職年数
1年未満の端数は月割り
西条市 5.50 4.00 3.00 2.00 1.50 条例で規定 給与月額×5.52×在職年数
1年未満の端数は切り上げ
今治市 6.00 4.00 3.00 2.40 2.00 その都度決議 給与月額×5.52×在職年数
1年未満の端数は月割り
松山市 7.20 5.00 3.80 1.35 1.35 条例で規定 給与月額×5.52×在職年数
1年未満の端数は切り捨て
大洲市 5.52 3.24 2.88 2.40 条例で規定 給与月額×0.46×在職月数
(0.46×12=5.52)
八幡浜市 5.50 4.00 3.00 2.50 条例で規定 給与月額×5.52×在職年数
1年未満の端数は切り捨て
宇和島市 6.00 3.60 3.24 3.24 条例で規定 給与月額×0.5×在職月数
(0.5×12=6.00)
川之江市 5.52 3.24 2.88 2.40 退職手当組合に加入 給与月額×0.46×在職月数
公傷及び死亡退職の際は
増額規定あり
東予市
北条市
伊予市
※各市の特別職の給与は公表されています
“なんでやねん”のページへもどる