2206議会質問 原稿

平成22年6月17

みどりの風

大條雅久

1 第5次長期総合計画について

 

一般質問も三日目、11人目の登壇ですので重なる点もあると存じますが、ご答弁よろしくお願いします。

昨日までの理事者答弁に何度も出ていました第5次長期総合計画について平成22年5月14日の日付記載がある第五次新居浜市長期総合計画書をもとに質問いたします。

まず、施策1−1「良好な都市空間の形成」の取り組み方針にある集約型都市構造とはどのようなまちの形を目指しているのでしょうか?お答えください。

 

また『中心市街地に用途白地地域が島状に残る』と現状と課題に記載がありますが、平成16年5月に市街化区域と調整区域の線引きを廃止をした際に「特定用途制限地域」とした区域がありますがこの特定用途制限地域は成果指標にある「用途地域内人口」の地域に

カウントされるのでしょうか?

事前に問い合わせした限りでは、特定用途制限地域は成果指標にある用途地域にはカウントしないようです。

今回の長期総合計画の基本計画を読ませていただいての印象全般につながることなのですが、計画に盛り込まれた「現状値と目標値」に意欲が感じられない・・・というか・・夢や情熱が伝わってこないんですね・・・つまり、10年後に目指している姿が曖昧であったり、目標とするほどの数値には感じられない低水準・・・としか受け止められないのです。

例えば、今お聞きした点で言いますと基本計画5ページの成果指標と目標値に行政区域内人口に対する用途地域ない人口割合を

平成21年度の57%から平成32年度には60%にする

とありますが用途地区の指定見直しは平成16年5月の線引き廃止から積み残している課題なのではありませんか・・・

昭和49年1月の市街化区域及び市街化調整区域の決定による指定時点ですでにDID地区:人口集中地区と市街化区域指定とのずれがあったわけで・・その修正をするだけでも用途地域内の人口割合は60%を超えるのはたやすいと私は考えます。

また同じページにある地籍調査進捗率ですが

平成21年度現況率4.97%を平成32年度7.57%へ

10年間で目指す数値がわずか2.6%!

広さでみると608ha、約6kuが10年間の目標になるのはあまりにも消極的ではないですか?

本年度からスタートしている国の第6次国土調査事業10ヶ年計画では21年度末の進捗率49%を57%にすべく目論んでいるとのこと、せめて国全体の進捗率に追いつこうとする気持ちが目標設定にあってもよいと私は思うのですが市長はいかがお考えでしょうか?お聞かせください。

長期総合計画についての質問がその入り口でこだわらざるおえない項目、地籍調査の推進に触れましたのでこの点をもう少し詳しくお聞きします。

愛媛県のHPを見せる

愛媛県のHPに掲載されている新居浜市の地籍調査実施状況によると調査済面積は26.96ku・・・新居浜市長期総合計画に記載の現況値は1,166haつまり11.66kuじつに15.3kuもの差があるのですが何故ですか?

 

また、国土交通省が全国のDID地区:人口集中地区の地籍調査促進の為に平成16年から19年にかけて実施した「都市再生街区基本調査」の成果である街区基準点が旧国道を堺に南側に殆ど無いのは何故ですか?

 

国土交通省が行った「都市再生街区基本調査」の新居浜市における成果と現在のその成果の活用状況についてご説明ください。

 

新居浜市のHP掲載の街区基準点位置図を見ると旧国道より南は中萩のDID地区のみですね。

 

ここで街区基準点の地図を見せる

街区三角点が45点

街区多角点が504点

街区三角点節点、街区多角点節点、街区点、街区補助点などが

5,193点

以上の測量点とその情報が平成19年の4月1日に国土交通省から新居浜市に都市差異性街区基本調査の成果として新居浜市に移管されたわけですがこの情報は現在どのように活用されているのでしょうか?

6ページから始まる『道路の整備』では

「生活道路の整備と適正な管理の推進」を道路の整備の中の取り組みにあげていますが、平成17年に新居浜市の所有となった法定外公共物の農道についてはどのように取り組まれるのでしょうか?生活道路の中に占める農道の存在は決して小さくは無いと思います。たとえば新居浜市道の道路管理の不備で事故等が起きた場合市が加入している共済の施設賠償責任保険から補償金が支払われていますが・・・農道の場合はどのような対応になるのでしょうか?

 

10ページの「安心な住宅の整備」では、現況と課題の中で新居浜市の管理する公共賃貸住宅の60%以上が昭和54年以前建設の築30年以上経過した住宅であると指摘して新居浜市公営住宅等長寿命化計画の策定の必要を説いていますが・・・この長寿命化計画と平成15年策定の新居浜市公営住宅ストック総合活用計画とはどのように関係するのでしょうか?もしくは関係しないのでしょうか?

 

質問、第一項目の最後にフィールド5の76ページに飛びますが

「近代化産業遺産の保存・活用の充実」に関連して先の3月議会で質問に取り上げました東平にある新居浜市銅山の里自然の家の活用について、その後市内の小中学生への活用促進といった働きかけはされたのでしょうか?教育長のお考えとあわせてお聞かせ下さい。2 新居浜市水道ビジョンについて

次に、

これも3月議会に引き続きとなりますが新居浜市水道ビジョンについて質問いたします。

今、新居浜市が地域水道ビジョンを策定する意義?・・・策定した意味を教えてください。

また今回の水道ビジョンの取りまとめにあたり実施したパブリックコメントについてですが・・・ボトルウォーターの企画・製造への期待が寄せられていましたが実現の可能性というか具体的な計画は進める予定なのでしょうか?

第4章にある経営の見通しについて「水道事業の収益と費用の動向」「給水原価と供給炭化の動向」等の質問は私がパブリックコメントに寄せたものですが・・・議会の予算委員会開催時点での水道ビジョン案の数値と大きな変更があったようなのでお聞きしたものです。変更された数値予測について詳しく説明してください。

また先の環境建設常任委員会の今年度所管事務説明で水道局からは「懸案事項なし」と記載された文書を頂いたのですが懸案事項なしの事務概要説明書は市長以下新居浜市行政全体の判断と受け取ってよろしいのですか?

そうとするなら「水道事業の地方公営企業としての独立採算制」と「水道事業認可団体としての公共性」について新居浜市水道局の現況に私は疑問を感じるのですが・・・市長の見解をお聞かせ下さい。

3 環境自治体会議について

 

来年新居浜市で開催される環境自治体会議について質問いたします。

新居浜市で開催する目的をお聞かせください。

次に、新居浜市で開催する際のテーマ・標語の策定については

どのような状況にあるのでしょうか?

 

 環境自治体会議での行政と市民の協同

 

  ごみ減量への取り組み

  レジ袋無料配布中止一周年

レジ袋を「ごみステーションに出すごみ袋」として使用できない定めになっている自治体もあるかと存じますが・・・新居浜市では検討されませんか?

  ごみステーションの管理

規定の分別ができていないまま出される家庭ごみや指定の曜日以外の日にごみ捨てがされる事により地元自治会がその管理に悩まされているごみステーションの改善について、質問いたします。

私も担当課に教えていただいてルール違反が多発するごみステーションの現場を幾つか見て回りました。共通する特徴として車の通りが比較的多い道沿いであったり、近くの住民の目が行き届きにくい場所であったりする傾向が見受けられました。

そこで提案なのですがごみだしのルール違反が多いごみステーションについて監視システム等を設置して改善を促すといったことはできないでしょうか?お考えをお聞かせ下さい。